石鍋浩
東京福祉大学・国際交流センター/ 東北大学・加齢医学研究所
 
題目
文法構造の違いが第2言語学習メカニズムに与える影響:人工言語を用いたfMRI研究
 
要旨
母語 (L1) と外国語 (L2) の言語的類似度はL2学習の成否に関わる1要因である。本研究では,日本語と文法構造が異なる人工言語 (DL; Dissimilar Language,VSO後置修飾型) と類似する人工言語 (SL; Similar Language,SOV前置修飾型) を作成した。日本語母語話者を対象としDL学習群とSL学習群に分け,学習と文法性判断テスト (以下テスト) を繰り返し,fMRIを用いて学習とテスト遂行時の脳活動を計測した。結果,DL学習時には左下前頭回,SL学習時には左海馬,左尾状核で有意な賦活が認められた。母語と文法構造が異なるDLでは学習段階から文法処理負荷が高いことが示された。L1とL2の類似度によって学習メカニズムが異なることが示唆された。