熊可欣
名古屋大学・国際言語文化研究科 / 日本学術振興会
 
題目
中日バイリンガルが同形語を処理するとき、母語の統語情報がどこまで影響するか:
視線計測を用いた検討
 
要旨
本研究は,中国語における受動態の使用が,日中同形同義の漢語動詞を用いた日本語の文処理に与える影響を検討した。実験では,中国語と日本語における受動態の使用頻度を語彙的統語情報の指標として操作し,超上級の中国人日本語学習者が日本語の文の正誤判断課題を行っている間の視線を計測した。その結果,中国語では受動態としてほとんど使われないという語彙的統語情報は,日本語の文処理に抑制的に影響していることを示した。また,日中同形同義の漢語動詞で作成した動詞句の処理においては,中国語で受動態としてあまり使われない条件の視線停留時間は,中国語で受動態として頻繁に使われる条件よりも長かった。とりわけ,この視線停留時間の差は,初回読み時間において観察された。これは,第1言語の中国語の語彙的統語情報が読み処理の早い段階で活性化され,第2言語の日本語の文処理に影響していることを示唆する。