玉岡賀津雄
名古屋大学・人文学研究科
 
題目
視線計測から見える日本語かき混ぜ語順文の処理過程
 
要旨
これまでのかき混ぜ語順文の処理に関する研究では,動詞を見る前の予測処理に焦点が当てられてきた。しかし,かき混ぜ語順文の処理には,有生性や共起頻度など多様な要因の影響が想定される。そこで,文を構成する名詞を「佐藤さん」などの高使用頻度の姓に統一し,統語情報以外の要因をできるだけ排除した。そして,句ごとの提示ではなく文全体を同時提示して,正順およびかき混ぜ語順文を構成する領域を設定して,視線の停留時間と読み返し頻度を測定した。その結果,単文でも埋め込みのある複文でも,動詞を見てから後の空所(gap)が想定される句あたりでの視線停留が,正順に比べてかき混ぜ語順で長くなり,また読み返し頻度も多かった。かき混ぜ語順文の処理では,動詞の情報と空所の関係が重要であることを実証した。また,かき混ぜ語順など統語構造の複雑な文の処理では,「読み返し(re-reading time)」と「回帰頻度(regression-in frequency)」が主要な測定指標であることを示した。