時本真吾
目白大学・外国語学部
 
題目
コソア時刻指示の理解に伴う脳波計測を通した、コソアの機能区分と脳内処理ネットワークの考察
 
要旨
コソアの機能区分については、コソ対アの区分を主張する立場と、コア対ソの区分を主張する立場がある。本研究では、談話内で時刻を指示するコソアの理解に伴う脳波の計測によって、コソア時刻指示処理に伴う神経活動を分析し、コア対ソの区分を支持する。また、コソア処理に伴う事象関連電位、事象関連スペクトラム摂動、試行間位相同期の各指標に対応する発生源推定によってコソア処理の脳内ネットワークを考察する。加えて、神経科学の潮流に鑑み、今後の実験的言語研究の方向性を議論する。